「イルカ触れ合い特別活動 」


特定非営利活動法人日本ドルフィンセラピーの監修のもと実施いたします

 

本活動は、参加者とイルカスタッフとが、自然とイルカとの調和の中で、楽しくレクリエーション的にイルカとの

触れ合いを楽しみながら、日々の生活や療育活動へつなげていくことが

目的であり活動当初から多くの方にご参加いただいております。

 

2021年の活動は、公益財団法人 赤澤記念財団様(香川県東かがわ市)の助成により、参加料金の

負担を軽減した形で実施いたします。

主催 NPO法人 日本ドルフィンセラピー協会

監修

 

辻井 正次 (ご挨拶

協会副理事長/中京大学現代社会学部教授/浜松医科大学客員教授

参加対象

広汎性発達障害、学習障害、精神遅滞、注意欠陥/多動性障害などの

発達障害を有する方

社会生活における活動や参加に制限がある方(不登校、自立支援を必要とする方)

参加条件

・参加者本人が満5歳以上かつ身長110cm以上

・自立歩行が可能  ほか

期間

令和3年4月25日から10月3日(日)

開催期間外でも実施可能な場合がございます。ご相談ください。

注意事項

本活動は、イルカとの触れ合いに関する調査、研究に用いられます。

学術研究にご協力頂ける方が参加対象となります。

発達障害などがある人とご家族のためのイルカ触れ合い活動(セラピー関連)


令和元年度開催 JDAT ドルフィンセラピー事業

2021年の活動に関しましては、現在調整中でございます。


イルカ介在活動の支援者育成セミナー(ドルフィンセラピー関連)


2021年度の活動に関しましては、現在調整中でございます。


その他障害関連支援活動


ドルフィンセンターは、全ての人にイルカとの触れ合いを楽しんで頂けることを目的としております。

各種障害児・者支援施設、団体の目的等に合わせた、イルカとの触れ合いプログラムを個別にご準備させて頂きます。

発達障害、肢体不自由、老人福祉関連など、全ての方がイルカと遊べるように、お気軽にご相談下さい。

新しいメンタルヘルスケア


我々は、日々何らかのストレスの中で生活を送っています。

ドルフィンセンターでは、イルカとの触れ合いにおいて、日々の精神的・肉体的なバランスを保って頂けるように活動を進めております。

ひとつひとつの感動体験をドルフィンセンターのイルカとスタッフがお手伝いさせて頂きます。

子供会、自治会等の地域コミュニティーの集まりの一環として、また企業における新しいメンタルヘルスケアの一環として、どうぞドルフィンセンターをご利用下さい。